自分で示談はこじれる?

交通事故に遭遇した場合両方に過失がつくと、多くの場合お互いの任意険会社同士が話し合いを進めることになります。もちろん任意保険会社同士だからといって必ずスムーズに話し合いが進むとも限りません。しかしもっと問題になるのが任意保険の会社と個人が示談を進めていくという場合です。例えば10対0で自分が被害者というケースだと自分と相手方の保険会社の担当者とで示談を進めていくという形になります。しかし相手方はプロの保険会社の担当者ですので相手の都合の良いように示談が進められていってしまう可能性もあります

示談いずれにしても交通事故後の示談というものはこじれる可能性も十分あるということがわかります。両方に過失がある場合の事故でもどちらか片方の運転手が自分には過失がないと強硬に主張するという場合もあります。主に加害者側が頑として自分の過失を認めない場合などは示談がかなりこじれて長引く可能性が高いです。

任意保険の会社に任せていてもこのように示談が長引いてしまう可能性もあるので、やはり弁護士特約などを利用して弁護士に示談を依頼するということを視野に入れておくのは大切かもしれません。もちろん特約をつける以外にも交通事故で頼りになる弁護士を普段から見つけておくという方法も良いでしょう。では弁護士へ依頼した場合の弁護士基準について説明していきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket