無料相談を利用しよう

無料相談弁護士に交通事故の問題を相談するということを非常にハードルが高いことと感じてしまう人もいます。しかし実際にはそれほど難しいことでも大それたことでもなく、気軽に実行すべきことといえます。もちろん弁護士なら誰でも良いというわけではなく、交通事故の示談に関して経験が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。基本的に弁護士に依頼するにあたっては、弁護士費用を支払っても費用倒れにならないことが大前提ですが、特に大きな事故や怪我が関係している場合には弁護士に示談交渉を任せるメリットは大きいと言えるでしょう。

自分が経験している交通事故の種類がどの程度のものなのか自分で判断がつかないという場合もあるでしょう。そのような場合にはまずは相談だけできる無料相談サービスを活用するのがオススメです。無料相談サービスであればまずは安心して最初の一歩を踏み出すことができますし、実際に聞いてみないとわからないことも多いのでこうしたサービスを十分に活用するようにしましょう。弁護士基準での慰謝料の算出をしてもらい、煩雑な手続きを任せて精神的にも安心した状態で事故後の処理を進めていくことができます。無料相談はメールでもできるところがあるので自分が依頼しやすいところを選びましょう。


推奨サイト:交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士基準とは?

自分が交通事故の被害者になった場合は将来的に慰謝料をどのくらいもらえるのかということが気になる点です。覚えておきたい点ですが、交通事故とは言っても物損事故であれば慰謝料というものは発生しません。単に修理費が発生するのみです。しかし人身事故になると慰謝料というものが発生します。交通事故で発生する慰謝料の中には病院に入院したり通院したりした場合に発生する入通院慰謝料というものがあります。さらに後遺症が残ってしまうほどの怪我を負った場合には後遺障害慰謝料というものも発生します。

弁護士基準最も大変なケースとしては交通事故によって死亡者が発生した場合で、死亡慰謝料が発生する場合です。大なり小なり怪我をした状態で相手方保険会社とのやりとりを進めていくというのはなかなか大変なものです。さらに通院等が長引いていると相手の任意保険会社の担当者からプレッシャーをかけられるということもあるかもしれません。

こうした展開を考慮に入れて弁護士に示談を依頼するのはやはり賢明な事と言えるでしょう。相手の任意保険会社が提示する慰謝料の金額に対して弁護士が算出する慰謝料の金額を弁護士基準といい、ほとんどの場合相手の保険会社が提示する金額よりもかなり高い慰謝料を算出することが可能です。

では弁護士へ相談する際に知っておきたい無料相談について紹介していきます。

自分で示談はこじれる?

交通事故に遭遇した場合両方に過失がつくと、多くの場合お互いの任意険会社同士が話し合いを進めることになります。もちろん任意保険会社同士だからといって必ずスムーズに話し合いが進むとも限りません。しかしもっと問題になるのが任意保険の会社と個人が示談を進めていくという場合です。例えば10対0で自分が被害者というケースだと自分と相手方の保険会社の担当者とで示談を進めていくという形になります。しかし相手方はプロの保険会社の担当者ですので相手の都合の良いように示談が進められていってしまう可能性もあります

示談いずれにしても交通事故後の示談というものはこじれる可能性も十分あるということがわかります。両方に過失がある場合の事故でもどちらか片方の運転手が自分には過失がないと強硬に主張するという場合もあります。主に加害者側が頑として自分の過失を認めない場合などは示談がかなりこじれて長引く可能性が高いです。

任意保険の会社に任せていてもこのように示談が長引いてしまう可能性もあるので、やはり弁護士特約などを利用して弁護士に示談を依頼するということを視野に入れておくのは大切かもしれません。もちろん特約をつける以外にも交通事故で頼りになる弁護士を普段から見つけておくという方法も良いでしょう。では弁護士へ依頼した場合の弁護士基準について説明していきます。

交通事故は弁護士に相談

交通事故交通事故は車を運転する人も運転しな人も全ての人が遭遇する可能性のあるものです。もちろん自分が日常的に車を運転する人は自ら事故を起こさないように細心の注意を払う必要があります。教習所や免許更新の時などに様々な安全運転に関する講習を受けることがありますが、それでもなかなかなくならないのか交通事故です。警察署の周りなどにも直近の交通事故の数などが示されていますが、普段から起こりやすい事故のパターンなどを理解してそうしたシチュエーションになった時に十分に気をつける必要があります。

交通事故の中で特に多いのが追突事故です。実に人身事故のうちの30%以上がこの追突事故という形で起こっているのです。追突事故に遭って慢性的にむち打ち状態で悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

他に多い交通事故のタイプとしては出会い頭の衝突事故や交差点の右左折時の衝突というものが挙げられます。こうした事故が起こる原因は様々ですが、わき見運転やながら運転などが原因となっていることが多いようです。特に最近では運転中に携帯電話を使用していたために事故になるケースも多く、運転中のスマートフォンの使用等に関して度々注意が喚起されています。交通事故というものは大きいものであれ小さいものであれかなり頻繁に起こるものなのでほとんどの人がきちんと任意保険に入っていますし、最近では弁護士特約といって、いざという時に弁護士費用を負担してもらえるような特約に入っている人も少なくありません。また法律事務所によっては弁護士への無料相談サービスを実施しているところもあります。