弁護士基準とは?

自分が交通事故の被害者になった場合は将来的に慰謝料をどのくらいもらえるのかということが気になる点です。覚えておきたい点ですが、交通事故とは言っても物損事故であれば慰謝料というものは発生しません。単に修理費が発生するのみです。しかし人身事故になると慰謝料というものが発生します。交通事故で発生する慰謝料の中には病院に入院したり通院したりした場合に発生する入通院慰謝料というものがあります。さらに後遺症が残ってしまうほどの怪我を負った場合には後遺障害慰謝料というものも発生します。

弁護士基準最も大変なケースとしては交通事故によって死亡者が発生した場合で、死亡慰謝料が発生する場合です。大なり小なり怪我をした状態で相手方保険会社とのやりとりを進めていくというのはなかなか大変なものです。さらに通院等が長引いていると相手の任意保険会社の担当者からプレッシャーをかけられるということもあるかもしれません。

こうした展開を考慮に入れて弁護士に示談を依頼するのはやはり賢明な事と言えるでしょう。相手の任意保険会社が提示する慰謝料の金額に対して弁護士が算出する慰謝料の金額を弁護士基準といい、ほとんどの場合相手の保険会社が提示する金額よりもかなり高い慰謝料を算出することが可能です。

では弁護士へ相談する際に知っておきたい無料相談について紹介していきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket